投稿者「masa」のアーカイブ

新型コロナウイルス感染症の知識2021年1月版

(2021年1月時点)

新型コロナウイルス感染症の“いま”についての10の知識

1.日本では、どれくらいの人が新型コロナウイルス感染症と診断されていますか。
2.新型コロナウイルス感染症と診断された人のうち、重症化する人や死亡する人はどれくらいですか。
3.新型コロナウイルス感染症と診断された人のうち、重症化しやすいのはどんな人ですか。
4.海外と比べて、日本で新型コロナウイルス感染症と診断された人の数は多いのですか。
1
5.新型コロナウイルスに感染した人が、他の人に感染させる可能性がある期間はいつまでですか。
6.新型コロナウイルス感染症と診断された人のうち、どれくらいの人が他の人に感染させていますか。
7.新型コロナウイルス感染症を拡げないためには、どのような場面に注意する必要がありますか。
8.新型コロナウイルス感染症を診断するための検査にはどのようなものがありますか。
9.新型コロナウイルス感染症はどのようにして治療するのですか。
10. 新型コロナウイルスのワクチンはありますか。いつから打てるようになりますか。

新型コロナウイルス感染症の患者数・病原性
新型コロナウイルス感染症の感染性
新型コロナウイルス感染症に対する検査・治療

Q 日本では、これまでにどれくらいの人が新型コロナウイルス感染症と診断されていますか。
A 日本では、これまでに約209,980人が新型コロナウイルス感染症と診断されており、これは全人口の約0.2 %に相当します。国内の発生状況などに関する最新の情報は、以下のリンクをご参照ください:https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/kokunainohasseijoukyou.html
※ 感染していても症状が現れず医療機関を受診しない人などがいるため、必ずしも感染した人すべてを表す人数ではありません。
※ 人数は2020年12月25日0時時点
2 出典:厚生労働省公表資料より作成
令和2年12月24日24時時点
Q 新型コロナウイルス感染症と診断された人のうち、重症化する人や死亡する人はどれくらいですか。
A 新型コロナウイルス感染症と診断された人のうち、重症化する人の割合や死亡する人の割合は年齢によって異なり、高齢者は高く、若者は低い傾向にあります。
重症化する割合や死亡する割合は以前と比べて低下しており、6月以降に診断された人の中では、
・重症化する人の割合は 約1.6%(50歳代以下で0.3%、60歳代以上で8.5%)、
・死亡する人の割合は 約1.0%(50歳代以下で0.06%、60歳代以上で5.7%)となっています。
※「重症化する人の割合」は、新型コロナウイルス感染症と診断された症例(無症状を含む)のうち、集中治療室での治療や人工呼吸器等による治療を行った症例または死亡した症例の割合。
3
診断 発熱、咳など 重症化 死亡
0
-9
10
-19
20
-29
30
-39
40
-49
50
-59
60
-69
70
-79
80
-89 90- 計
6-8月
1-4月
診断された人のうち、重症化する割合(%)
50歳代以下の0.3%
60歳代以上の8.5%
50歳代以下の0.06%
60歳代以上の 5.7%
年代(歳)
診断月
0.69
0.09 0.00 0.03 0.09 0.54 1.47 3.85 8.40 14.50 16.64 1.62
0.90 0.80 1.52 3.43 6.40 15.25 26.20 34.72 36.24 9.80
0
-9
10
-19
20
-29
30
-39
40
-49
50
-59
60
-69
70
-79
80
-89 90- 計
6-8月
1-4月
診断された人のうち、死亡する割合(%)
年代(歳)
診断月
0.00
0.00 0.00 0.01 0.01 0.10 0.29 1.24 4.65 12.00 16.09 0.96
0.00 0.00 0.36 0.61 1.18 5.49 17.05 30.72 34.50 5.62
出典:2020年10月22日第11回アドバイザリーボード資料(京都大学西浦教授提出資料)より作成
重症化のリスクとなる基礎疾患
慢性腎臓病 慢性閉塞性肺疾患
(COPD)
糖尿病
高血圧 心血管疾患 肥満(BMI 30以上)
※妊婦、喫煙歴なども重症化しやすいかは明らかでないが注意が必要。
Q 新型コロナウイルス感染症と診断された人のうち、重症化しやすいのはどんな人ですか。
A 新型コロナウイルス感染症と診断された人のうち重症化しやすいのは、高齢者と基礎疾患のある方です。
重症化のリスクとなる基礎疾患には、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、慢性腎臓病、糖尿病、高血圧、心血管疾患、肥満があります。
また、妊婦や喫煙歴なども、重症化しやすいかは明らかでないものの、注意が必要とされています。
30歳代と比較した場合の各年代の重症化率
出典:京都大学西浦教授提供データ及び新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き・第4.1版に基づき厚生労働省にて作成
4
年代 10歳未満 10歳代 20歳代 30歳代 40歳代 50歳代 60歳代 70歳代 80歳代 90歳以上
重症化率
0.5倍 0.2倍 0.3倍 1倍 4倍 10倍 25倍 47倍 71倍 78倍
※「重症化率」は、新型コロナウイルス感染症と診断された症例(無症状を含む)のうち、集中治療室での治療や人工呼吸器等による治療を行った症例または死亡した症例の割合。
Q 海外と比べて、日本で新型コロナウイルス感染症と診断されている人の数は多いのですか。
A 日本の人口当たりの感染者数、死者数は、全世界の平均や主要国と比べて低い水準で推移しています。
5
出典:Our World in Data(2020年12月24日に利用)
人口100万人当たりの新規感染者数
(7日間移動平均)
人口100万人当たりの新規死亡者数
(7日間移動平均)
Q 新型コロナウイルス感染症と診断された人のうち、どれくらいの人が他の人に感染させていますか。
A 新型コロナウイルス感染症と診断された人のうち、他の人に感染させているのは2割以下で、多くの人は他の人に感染させていないと考えられています。
このため、感染防護なしに3密(密閉・密集・密接)の環境で多くの人と接するなどによって1人の感染者が何人もの人に感染させてしまうことがなければ、新型コロナウイルス感染症の流行を抑えることができます。
体調が悪いときは不要・不急の外出を控えることや、人と接するときにはマスクを着用することなど、新型コロナウイルスに感染していた場合に多くの人に感染させることのないように行動することが大切です。
※ マスクの着用により、感染者と接する人のウイルス吸入量が減少することがわかっています。(布マスクを感染者が着用した場合に60-80%減少
し、感染者と接する人が着用した場合に20-40%減少。)
Ueki, H., Furusawa, Y., Iwatsuki-Horimoto, K., Imai, M., Kabata, H., Nishimura, H., & Kawaoka, Y. (2020). Effectiveness of Face Masks in Preventing Airborne Transmission of
SARS-CoV-2. mSphere, 5(5), e00637-20.
Q 新型コロナウイルスに感染した人が、他の人に感染させてしまう可能性がある期間はいつまでですか。
A 新型コロナウイルスに感染した人が他の人に感染させてしまう可能性がある期間は、発症の2日前から発症後7~10日間程度とされています。※また、この期間のうち、発症の直前・直後で特にウイルス排出量が高くなると考えられています。
このため、新型コロナウイルス感染症と診断された人は、症状がなくとも、不要・不急の外出を控えるなど感染防止に努める必要があります。 ※新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き・第4.1版より
6
感染リスクが高まる「5つの場面」
場面① 飲酒を伴う懇親会等
● 飲酒の影響で気分が高揚すると同時に注意力が低下する。
また、聴覚が鈍麻し、大きな声になりやすい。
● 特に敷居などで区切られている狭い空間に、長時間、大人数が滞在すると、感染リスクが
高まる。
● また、回し飲みや箸などの共用が感染のリスクを高める。
場面② 大人数や長時間におよぶ飲食
● 長時間におよぶ飲食、接待を伴う飲食、深夜のはしご酒では、短時間の食事に比べて、
感染リスクが高まる。
● 大人数、例えば5人以上の飲食では、大声になり飛沫が飛びやすくなるため、
感染リスクが高まる。
場面③ マスクなしでの会話 場面④ 狭い空間での共同生活 場面⑤ 居場所の切り替わり
● マスクなしに近距離で会話をすることで、飛沫感染
やマイクロ飛沫感染での感染リスクが高まる。
● マスクなしでの感染例としては、昼カラオケなどでの事例が確認されている。
● 車やバスで移動する際の車中でも注意が必要。
● 狭い空間での共同生活は、長時間にわたり閉鎖空間が共有されるため、感染リスクが高まる。
● 寮の部屋やトイレなどの共用部分での感染が疑われる事例が報告されている。
● 仕事での休憩時間に入った時など、居場所が切り替わると、気の緩みや環境の変化により、感染
リスクが高まることがある。
● 休憩室、喫煙所、更衣室での感染が疑われる事例が確認されている。
Q 新型コロナウイルス感染症を拡げないためには、どのような場面に注意する必要がありますか。
7
A 新型コロナウイルス感染症は、主に飛沫感染や接触感染によって感染するため、3密(密閉・密集・密接)の環境で感染リスクが高まります。
このほか、飲酒を伴う懇親会等、大人数や長時間におよぶ飲食、マスクなしでの会話、狭い空間での共同生活、居場所の切り替わりといった場面でも感染が起きやすく、注意が必要です。
感染リスクが高まる「5つの場面」
Q 新型コロナウイルス感染症を診断するための検査にはどのようなものがありますか。
A 新型コロナウイルス感染症を診断するための検査には、PCR検査、抗原定量検査、抗原定性検査等があり、いずれも被検者の体内にウイルスが存在し、ウイルスに感染しているかを調べるための検査です。
新たな検査手法の開発により、検査の種類や症状に応じて、鼻咽頭ぬぐい液だけでなく、唾液や鼻腔ぬぐい液を使うことも可能になっています。
なお、抗体検査は、過去に新型コロナウイルス感染症にかかったことがあるかを調べるものであるため、検査を受ける時点で感染しているかを調べる目的に使うことはできません。
検査の対象者 PCR検査(LAMP法含む) 抗原検査(定量) 抗原検査(定性)
鼻咽頭 鼻腔 唾液 鼻咽頭 鼻腔 唾液 鼻咽頭 鼻腔 唾液
有症状者 発症から9日目以内 ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○※1 ○※1 ×
発症から10日目以降 ○ ○ × ○ ○ × △※2 △※2 ×
無症状者 ○ × ○ ○ × ○ × × ×
鼻咽頭ぬぐい液採取 鼻腔ぬぐい液採取
※1 発症2日目から9日目以内に使用 ※2 陰性の場合は鼻咽頭PCR検査等を実施
8
鼻から綿棒を挿入し、鼻咽頭を数回こする
(医療従事者が採取)
鼻から綿棒を2cm程度挿入し,5回転させ,5秒程度静置
(自己採取も可)
検体採取の例
(抗原定性検査、鼻咽頭ぬぐい液と鼻腔ぬぐい液の場合)
※図はデンカ株式会社より提供
Q 新型コロナウイルス感染症はどのようにして治療するのですか。
A 軽症の場合は経過観察のみで自然に軽快することが多く、必要な場合に解熱薬などの対症療法を行います。
呼吸不全を伴う場合には、酸素投与やステロイド薬(炎症を抑える薬)・抗ウイルス薬※1の投与を行い、改善しない場合には人工呼吸器等による集中治療を行うことがあります※2。
こうした治療法の確立もあり、新型コロナウイルス感染症で入院した方が死亡する割合は低くなっています。
発熱や咳などの症状が出たら、まずは身近な医療機関に相談してください。
※1 新型コロナウイルス感染症の治療として承認を受けている抗ウイルス薬として、国内ではレムデシビルがあります。(12月25日時点)
※2 集中治療を必要とする方または死亡する方の割合は、約1.6%(50歳代以下で0.3%、60代以上で8.5%)
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き・第4.1版より抜粋・一部改変
※4 厚生労働科学研究「COVID-19に関するレジストリ研究」(研究代表者:大曲貴夫)において、9月4日までにレジストリに登録のあった入院症例を解析。
※5 入院時に酸素投与、人工呼吸器管理、SpO2 94%以下、呼吸数24回/分以上 のいずれかに該当する場合に入院時重症と分類。
※6 レムデシビルについては、全症例に対する割合ではなく、新型コロナウイルス感染症の治療目的で薬物投与を行った症例の中の割合。
入院時軽症/中等症例
6月5日以前
に入院した症例
6月6日以降
に入院した症例

薬物治療の状況

レムデシビル※6 0.2% 7.0%
ステロイド薬
(シクレソニドを除く) 4.3% 6.2%

入院後に死亡する割合

0-29歳 0.0% 0.0%
30-49歳 0.2% 0.0%
50-69歳 1.1% 0.0%
70歳- 10.6% 5.8%
全年齢 2.6% 0.5%
6月5日以前
に入院した症例
6月6日以降
に入院した症例

薬物治療の状況

レムデシビル 0.9% 21.0%
ステロイド薬
(シクレソニドを除く) 23.1% 39.7%

入院後に死亡する割合

0-29歳 5.6% 0.0%
30-49歳 2.2% 0.0%
50-69歳 10.9% 1.4%
70歳- 31.2% 20.8%
全年齢 19.4% 10.1%
入院時重症例※5
入院した症例に対する薬物治療の状況と死亡する割合(COVID-19 レジストリ研究解析結果※4)
○6月以降に入院した症例では、6月以前に入院した症例と比べて以下の傾向にある。
・ 特に入院時に重症であった症例において、新型コロナウイルス感染症に適応のあるレムデシビルやステロイド薬の投与割合が増加。
・ 入院時軽症/中等症例・重症例ともに、いずれの年代においても入院後に死亡する割合が低下。
9
Q 新型コロナウイルスのワクチンはありますか。いつから打てるようになりますか。
○新型コロナウイルス感染症に対するワクチンの開発状況について
A 国内・海外で多数の研究開発が精力的に行われており、一部の国においては、緊急的な使用等が認められ、接種が開始されています。

○接種の時期について
A 日本国内でも承認申請が行われたワクチンがあり、国内外の臨床試験結果等を踏まえ、承認審査が行われます。審査が終了し承認された場合に、ワクチン接種を希望される方々が速やかに受けて頂けるように、準備に取り組んでいます。

○ワクチンの有効性と安全性について
A 一般的に、ワクチンには感染症の発症や重症化を予防する効果があります。
ファイザー社、モデルナ社、アストラゼネカ社は、第3相試験で、開発中のワクチンを投与した人の方が、投与していない人よりも、新型コロナウイルス感染症に発症した人が少なかったとの中間結果が得られたと発表しています。
一般的にワクチン接種には、副反応による健康被害が極めて稀ではあるものの、不可避的に発生します。
新型コロナウイルス感染症のワクチンの副反応については、臨床試験等で確認されているところです。
日本への供給を計画している海外のワクチン※では、現在のところ、重大な安全性の懸念は認められなかったとされています。一方で、ワクチン接種後に、ワクチン接種と因果関係がないものも含めて、接種部位の痛みや、頭痛・倦怠感・筋肉痛等の有害事象がみられたことが報告されています。

※ファイザー社、アストラゼネカ社、モデルナ社、ノババックス社が開発中のワクチン

新型コロナウイルス対策「消毒の手引き」

新型コロナウイルス対策

1 用品について
2 消毒方法
(1)作業者の安全確保について
(2)消毒の方法について
【手法①:拭き取り(清拭・せいしき)】
可能なかぎり使い捨て製品を使用すること
(1)作業者
・ゴム手袋 ・帽子(使い捨てが望ましい) ・目の防護具(ゴーグルまたはフェイスガード)
・サージカルマスク ・長袖ガウンまたは覆布(ドレープ) ・長靴
(2)消毒資材(消毒方法別)
①拭き取り(清拭・せいしき)
・使い捨て紙ウエス(雑巾)、又はキッチンペーパー ・バケツ
・エタノール、又は次亜塩素酸ナトリウム(商品名:ハイター又はキッチンハイター等)
②噴霧(ふんむ)
・洗濯物用霧吹き
・次亜塩素酸ナトリウム(ハイター又はキッチンハイター)
③洗濯・漬け置き
・次亜塩素酸ナトリウム(ハイター又はキッチンハイター)
④作業後
・プラスチック製ゴミ袋 ・段ボール箱 ・洗浄槽(再使用器具洗浄用)
・作業者は5人程度を1チームとする。
・清潔区域で身支度をする・あらかじめ脱衣場所(不潔区域)を決め、消毒等準備。
・事前に作業個所の動線を考えておく。
・窓やドア開放、換気扇作動など、室内換気を図りながら作業する。
・作業中、薬剤臭が強いと感じた場合は少しずつ間をおいて作業する。
・作業後、薬剤臭が強いと感じた場合は薬剤臭が消えるまで入室しない。
・「エタノール」は引火性が強いので、火気に十分注意し、狭い場所で一度に長時間の作業は避ける。
◎脱衣の時の感染防止のため脱衣方法等を事前確認すること。
・「エタノール 70%以上~80%程度の殺菌剤」を使い捨て紙ウエス(キッチンペーパーでも可能)等
に十分染みこませ、人の手の届く範囲をていねいに拭き取る。
・「エタノール」が無い場合、「次亜塩素酸ナトリウム」(製品名ではハイター、キッチンハイター、
ブリーチ等」を水道水で 100 倍に薄めて用いる。(5-①参照)
*清拭場所の例:ドアノブ、照明・エアコン・家電のリモコンやスイッチ、引き出しの把手、パソコ
ンキーボード、筆記具、窓枠、窓鍵、水道栓、シャワーヘッド、便器フタ、便座など、通常使用で
手指が触れる範囲。
*机の上など広い場所は、紙ウエスを一筆書きの要領でゆっくり動かして拭き取る。雑にぐるぐる回
すように素早く行うと、拭き残りが出てウイルスを広げるので注意。
*紙ウエスは汚染面を使わず、全体的に汚れたら新品に交換しつつ作業する。
・「次亜塩素酸ナトリウム」は、漂白作用により清拭箇所の変色や金属が錆びる等の副作用がある。
副作用を避けたい場合、清拭 5 分後に水雑巾でもう一度拭き取る。
【手法②:噴霧(ふんむ)】
【手法③:洗濯・漬け置き】
(3)廃棄物について
(4)作業後の消毒等について
3 使用済み用品の処分と洗浄後の再利用
4 注意事項
・「エタノール」でも素材により変色等がありえるので、目立たない箇所で試すと良い。
・「エタノール」は低濃度では効果が無い。70%~以上の薬剤が入手できない場合、「次亜塩素酸ナトリウム」
を選んだほうがベター。逆にエタノール濃度が高すぎる場合は 80%程度に水で薄めて使うと良い。
・「次亜塩素酸ナトリウム」は酸性洗剤と混用すると有毒ガスが発生するので注意。
・「次亜塩素酸ナトリウム」を水道水で 100 倍程度に薄め、洗濯物用霧吹きに入れ、人の手の届く範
囲や人の歩く床面に向け、しっとり湿る程度吹き付ける。
*噴霧場所の例:畳、床、絨毯、カーテン、ベッドマット、浴槽、浴室壁、便器内
*噴霧時に薬剤を吸い込まないように慎重に行うこと。
・衣類、リネン類、カーテン等は通常の洗剤に「次亜塩素酸ナトリウム」を適量加えて洗濯・乾燥す
る。
*「次亜塩素酸ナトリウム」の用法・用量はボトルに記載されている事項を遵守。
・漂白に向かないものは、熱湯につける
・食器、調理器具等は「次亜塩素酸ナトリウム」を水道水で 100~200 倍に薄めたもの(5-①参照)
を洗面器や流し台シンクに溜め、その中に 5 分以上沈めた後に取り出してすすいだ後、食器用洗剤
で洗浄・乾燥する。
・あらかじめ段ボール箱に二重のプラスチック袋をセットし、脱いだ予防衣を各自で入れる
・ごみは 2 重のプラスチック袋に入れ、作業終了前に密閉する。
・作業後は、準汚染区域で防護服などを脱ぐ。一動作に対し、アルコール消毒を行う。
・清潔区域で再度、石鹸を用いた手洗いもしくはアルコール消毒後、うがいを行う。
・作業グループの代表は、別途示す防疫作業報告書により、作業後直ちに報告する。
・各作業者は別途示す防疫作業後健康観察表により作業後 14 日程度の健康チェックを毎日行う。
使用後は,プラスチック袋に二重に密閉したうえで、外袋表面を清拭消毒して、焼却処理する。
汚染した再使用器具は,消毒薬に浸漬処理したうえで,用手洗浄を行う。そのうえで,滅菌などの
必要な処理を行った後,再使用に供する。
5 次亜塩素酸ナトリウム消毒液の作り方

【参考資料】

厚生労働省 「感染症法に基づく消毒・滅菌の手引」(平成 30 年 12 月 27 日)
公益社団法人日本ペストコントロール協会 「新型コロナウイルス対策」(2020 年 2 月 27 日版)
日本環境感染症学会 「新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の家庭内での注意事項」(2020 年 2 月 28 日)
市販されている漂白剤の原液を次亜塩素酸ナトリウム濃度 5%として
消毒液 0.05%(500ppm)
・500ml のペットボトルに、通常飲料が入っている程度の水と、キャップ 1 杯分(5ml)の漂白剤を入れる
(原液の 100 倍)
※ペットボトルで消毒液を作った場合は、子供や高齢者等の誤飲事故を防ぐため、ペットボトルに入れた
まま放置をしない。1 日たつと、効果が薄れるため、作り置きはしない。

進化する光触媒

光触媒はもう過去のモノといっても過言ではありません。光を必要としない抗菌テクノロジーがあるのはご存じですか?

光触媒は光が必要ですが、光がなくても触媒機能を発揮するので無光触媒といわれています。無光触媒は水溶性の酸化チタンがリンと反応して活性化、接触する有機物を酸化分解あるいは不活性化します。
一度吹き付けて乾燥させるだけで施工面がコーティングされ、抗ウイルス・抗菌・防カビ・防汚・消臭など、様々な効果を長期的に得ることが可能です。また、無色なので施工面に色味の影響が出ることもありません。

当社が発行している施工証明書になります。施工して頂いたすべてのお客様にお渡ししています。

 

withコロナの衛生管理について

新型コロナウイルス感染が未だに収束しない中、不特定多数の人々が利用する施設・商業店舗では衛生管理が非常に重要となっています。
様々な人が触れる公共の施設やオフィス・施設のあらゆる場所・箇所をアルコール消毒液で完璧に拭き作業で除菌するのは労力、人為的に非常に難しく簡単ではありません。

施設の衛生管理・新型コロナウイルス対策に悩まれている施設管理者の方も多いのではないでしょうか?

新型コロナウイルスを不活化させる無光触媒コーティングを施工

新型コロナウイルスを細胞レベルで分解し不活化させる光触媒コの証明が大学などの信頼できる研究機関から発表されました。

光触媒とは、酸化チタンのことで、光を受けることで表面に強力な酸化作用が生まれる物質です。光触媒(酸化チタン)のコーティングを行うことで、表面に触れている物質に強力な酸化力が生まれることになります。

そして、今回の研究発表では、新型コロナウイルスが光触媒の接触した場合に、ウイルスが細胞レベルまで分解されて不活化することが証明(エビデンス)されたのです。

コロナ対策として、さまざまが除菌材が注目されてきました。無光触媒コーティングは、接触したウイルスを繁殖させないのではなく、そもそも不活化してしまうという画期的なコーティング剤といえます。

 

無光触媒コーティングLP5

株式会社‘リープでは、無光触媒コーティングの施工を実施しています。

無光触媒コーティングを施すことで、付着している菌やウイルスを大幅に減らすことが可能となりました。コロナウイルスのワクチン接種が始まったからといって菌が消えるわけではありません。抗菌コーティングをしておけば脅威は格段に減るでしょう。

昔の時代に手洗い、うがいの習慣があれば様々な病気の蔓延は回避できたといわれています。それだけ意識を持つことが大切です。

お問い合わせ

株式会社リープ

〒105-0013 東京都港区浜松町2-10-10 第2小林ビル3F

TEL 03-6809-2345 FAX 03-6809-2245

無光触媒LP5代理店募集

これからの新時代に向けて新しい事業の提案を株式会社リープよりご案内致します。
最先端の技術に確かな抗菌能力、需要の高まりを見せている今がチャンスです。

こんな企業様におススメ!

  • ウィズコロナ時代に向けて、新規事業を考えている。
  • 今、何に経営資源を投下するか考えている。
  • 自社のサービス・商材を抗ウイルス抗菌サービスと組み合わせることで販売しやすくしたい。
特許技術を活用した
「抗ウイルス抗菌コーティング」

無光触媒LP5は、特許技術を活用し、ウイルスや菌に対するエビデンスも豊富なコーティングサービスです。
光触媒作用により、抗ウイルス・抗菌・防カビ、消臭、防汚効果を発揮し、一時的な消毒作業とは異なり、
“キレイで清潔な状態を光エネルギーで長持ちさせる”ことができます。
住宅や店舗内をコーティングし「抗ウイルス抗菌空間」を作ることで、清潔に保ちます。

事例紹介

緊急事態宣言以降、業容に影響を受けた企業様の業績回復支援や、ニューノーマル時代に対応する企業様を支援するサービスです。
「抗ウイルス抗菌空間」であることをユーザーにPRすることで「安心してご来店いただける環境づくり」を後押しします。 

Point01

売上も利益率もアップ!

既存のサービス・商品と組み合わせて販売することで売上も利益率も上げることが可能です。

Point02

ロイヤリティなし!

ランニングコストがないので、初めての方でも安心して営業を開始できます。また、安定した経営をご希望の方にもオススメです。

Point02

万全のサービス作業体制!

全国にサービス作業体制があるので、営業エリアの制限はありません。

だから

こんな企業様におススメ!


契約条件
  1. 契約金 なし
  2. 研修費 なし
    ※最低1名の受講をお願いしております。
全国の法人企業様、個人事業主様
研修場所
株式会社リープ

〒105-0013 東京都港区浜松町2-10-10
第2小林ビル3F

TEL 03-6809-2345 FAX 03-6809-2245

アクセス
山手線浜松町駅 徒歩 2分
参加人数
1社様2名まで

ご参加者様へのお願い

  • マスクの着用と入場時の検温へのご協力をお願いします。
  • 万が一体調がすぐれない場合は、参加を控えていただきますようお願いします。

研修中の感染症予防対策について

  • 会社は無光触媒LP5施工済みです。
  • 運営スタッフはマスクを着用します。
  • 抗ウイルス・抗菌剤を設置しています。

体調管理

最近、体調が悪いという人をよく見かけます。発熱があったりと新型コロナウイルスだけでなく風やインフルエンザなど乾燥と寒さが原因で秋から冬にかけて爆発的に増えると言われています。感染対策のおかげで例年よりも罹患は減っていますが、水面下で少しずつ増えていくのは間違いありません。

できうる感染対策は必要といえるでしょう。手洗い、うがい、マスクの着用、パネルの設置、ソーシャルディスタンス、アルコール消毒、抗菌コーティングなど様々な対策があります。

貴方の大切な家族や身内、友人などをウイルスから守りましょう。

チタンコーティング

光触媒を超えた無光触媒の進化系コーティング

光触媒技術をとは?

 

新型コロナウイルスを皮切りに様々な除菌、抗菌コーティングが出てきました。アルコール消毒、次亜塩素酸水除菌、光触媒コーティングなど。

しかしこれらの除菌、抗菌コーティングは以前から存在してたのはご存じですか?除菌、抗菌コーティングの需要が高まり世の中から注目されるようになり耳にする機会が増えたと思います。

アルコール消毒や次亜塩素酸水除菌などはハッキリ言いますとその瞬間は効果がありますが、持続的な効果がありません。短期的になってしまうので結局、根本の解決にはなりません。

そこで長期的に効果があり、コスト面や労力を考えても圧倒的に効率が良くなりました。

光触媒は、光(紫外線)が当たることによって、「防汚」「消臭」「抗菌」の効果を発揮します。
光触媒効果を発揮する材料としては、酸化チタンが化学的に安定で優れた光触媒効果を発揮します。
また、酸化チタンは昔から白色顔料として広く使用され、化粧品や食品添加物にも使用されている安全な物質です。

太陽光など日常の身の回りの光で実現します。
エネルギーを多く必要としないので環境にやさしい材料なのです。

それでも欠点がないわけではありません。光が全く届かない場所には効果がないこと。拭き掃除などで落ちるリスクもあります。コーティングといえど耐久性がそこまで強くないのです。

光触媒技術を超えた無光触媒技術

光触媒技術のメリット・デメリットについては、上述しましたが、これらの欠点を改善するために開発されたのが、『無光触媒LP5』です。

無光触媒とはその名の通り光のない場所でも触媒効果を出すことに成功した特許技術になります。従来の光触媒ではなしえなかった効果はまさしく進化系といえるでしょう。

LP5は、こうした暗い場所でも安全無害な酸化チタン系とある結晶を形成する複合体を利用しながら、光のみを触媒としない(分子構造の中に結合活性で自ら活性を示す)ため、暗所でも抗菌消臭効果を発揮できる安心安全なチタン触媒水溶液になります。

試験値データ、安全データシートその他製品の詳細はこちらをご覧ください。

製品情報

暗い場所でも除菌 抗菌 無光触媒コーティング

こちらの記事では無光触媒LP5(暗所対応型光触媒)の詳細について掘り下げて確認していきたいと思います。

 抗菌施工箇所

株式会社リープが施工している無光触媒LP5は従来の光触媒では抗菌することができなかった暗い場所への施工が可能になりました。

暗い場所は意外に多く、手で触るモノの裏側というのは光がほとんど届きません。意識をして探してみてください。気になる所があるはずです。

例えばドアノブの裏側、自動販売機のつり銭トレー、引き出しの中など特にオフィスは退社すると電気を消します。そうすると光触媒では効果が半減してしまします。

コーティングは菌が付着しないというものではないので菌を分解するのに時間が少しかかります。暗いと効果がないので分解がされません。しかし無光触媒コーティングなら暗い場所でも効果を発揮します。

暗所対応型なので24時間365日働き続けてくれます。


コストパフォーマンス

効果は除菌、抗菌、消臭、防汚、防カビなどに抜群の効果があります。持続期間も3年以上と長期間効果があるのでコストパフォーマンスも圧倒的にお得です。

次亜塩素酸水やアルコール消毒は持続性がないので毎日こまめにやる必要があります。光触媒コーティングは持続性はありますが、暗い場所に弱い弱点があります。無光触媒LP5はそんなすべての条件をクリアしているのでまさに最強のコーティングといえるでしょう。

空間除菌

空間全体を綺麗にすることができるので、オフィス、工場、飲食店、ご家庭など場所を選びません。医療機械や精密機械にも施工することができるので病院や老人ホームなどでも大活躍をしています。

拭き掃除などは問題なくしていただけるので表面の汚れやほこりなどは定期的に掃除をしていただければと思います。

スマートフォンや小物などにも施工できるのでそちらはお申しつけ頂ければサービスでコーティングいたします。

 

お問い合わせ

株式会社リープ

〒105-0013 東京都港区浜松町2-10-10 第2小林ビル3F

TEL 03-6809-2345 FAX 03-6809-2245

 

おススメの記事はこちら

快適・安心の空間作り チタンコーティング

ウイルス感染症から身を守る

無光触媒コーティングでウイルス感染症から身を守る

抗菌コーティングでウイルス対策

ウイルス感染は毎年9月頃のRSウイルス感染症から始まります。インフルエンザウイルスやノロウイルスなど、翌年の夏前頃まで感染時期が長く続きます。また、細菌感染は、4月頃からカンピロバクター感染症などで始まります。終わりは10月頃まで続きます。

インフルエンザを始めとした各種のウイルスによる感染症は、自分が気をつけていても、集団の一人が罹患してしまえば、一緒に生活する家族に移ってしまったり、オフィスで蔓延してしまうと社内全体が影響を受けてしまい、また来客の方にも迷惑をかけてしまうような事になりかねません。

さらに、新型の感染症についても感染が家庭や社内外へ与える影響はとても大きく、現状は各個人が行っているマスク着用や手洗い、うがいなどで予防している状態です。

『抗ウイルス無光触媒コーティング』は、エンベローブ型ウイルスの表面にある“ウイルス蛋白(スパイク)”を不活性化させ、人体などへの吸着を防ぐことによって抑制させる事ができる噴射式のコーティングです。 家庭他オフィス内で人が触れる可能性がある箇所に施工することで、数年間に渡りウイルスへの抑制効果を発揮し続けます。

 

ウイルス感染対策の効果

長期的なウイルス抑制効果のある『抗ウイルス無光触媒コーティング』で、感染症についての対策を行う事が可能です。

さらに、生活環境での臭いを分解して消臭する効果や、撥水性を用いた防汚効果などもあります。

清掃・除菌作業から抗菌コーティング

新型コロナウイルスも脅威ですが、感染症は他にも数多くあります。除菌は欠かせないものとなりました。

除菌とは「一時的に菌を取り除く」ことです。

次亜塩素酸水やアルコールで菌やウイルスを取り除く事はできますが、効果は一時的なものです。そのため、菌やウイルス対策のためには定期的に作業を繰り返さなければいけません。

殺菌とは薬用石鹸・市販薬など、医薬品・医薬部外品で表示することができます。

そして抗菌とは「菌の増殖を抑制する」ことです。

無光触媒LP5はこの抗菌作用になります。菌が住みにくい環境をつくるためのコーティングで効果は長期間持続します。

 

清掃・除菌作業から抗菌コーティング

場所を選ばない抗ウイルス対策

無光触媒LP5は光が届かない場所、夜間などでも、その場所・時間を選ぶことなく、どこでも、24時間365日効果を発揮し続けることができます。
また、光触媒の強い分解力は、基材をも分解し傷めるという問題も発生しています。抗菌コーティングにおいて無光触媒は有害物質を分解しても、基材を分解することはありません。

光触媒とは、酸化チタンは紫外線を受けると酸化酵素を発生し、菌やウイルス・VOCなどを水とCO2に分解します。
経口毒性も皮膚刺激成分もなく、人体にも環境にも優しく安心な抗菌作用があります。

床や壁、テーブル、ドアノブなど人が触れやすい箇所のウィルスを分解します。

抜群の抗菌効果で快適空間

床や壁、テーブル、ドアノブなど人が触れやすい箇所のウィルスを「即」撃退します。

室内の光で継続的な効果
LEDや蛍光灯などの室内灯や日光で光触媒効果が生まれ、抗菌環境が長く持続します。

即施工、メンテフリー
現状のまま即施工可能。一度行ったコーティングはメンテナンス不要で効果が持続します。

防臭・防カビ効果
抗ウィルス効果に加えて、防臭効果や防カビ、花粉の付着を防ぐ効果があります。

さらに店舗掲載用シールと施工証書を贈呈。

 

他社との施工料金比較表

無光触媒LP5
A社
B社
C社
価格 1㎡ 1200円 1㎡ 2000円 1㎡ 1000円 1㎡ 400円
施工方法 スプレーガン スプレーガン スプレーガン スプレーガン
施工数 3工程施工 2工程 1工程 1工程
性能 抗菌・除菌・消臭・防汚 抗菌・消臭 抗菌 除菌
効果 3年間 1年間 不明 持続性なし
付属品 無光触媒抗菌コーティング 光触媒 銀イオン 次亜塩素酸水

他社との比較で無光触媒LP5は持続期間が圧倒的に長いのでコストパフォーマンスが良く経済的にもオススメです。

緊急除菌清掃作業の場合

タイムリーな実施が早急に必要とされる場合の消毒・除菌作業となります。依頼後1〜3日以内に施工する目安となります。
施工内容に関しては上記予防と同様ではありますが、重点箇所(ドアノブ・スイッチ・手すり等)清掃や薬剤噴霧量を1.5倍程度にて対応する形としていきます。

基本単価

作業規模 作業費用
作業範囲50㎡以下 60,000円~
作業範囲50㎡以上 1㎡1,200円~

施工料金

弊社担当者における現地確認及び調査、ヒアリングからの作業工程とお見積りの確定の後、作業に入ります。

株式会社リープ

〒105-0013 東京都港区浜松町2-10-10
第2小林ビル3F

TEL 03-6809-2345 FAX 03-6809-2245

お問い合わせ

感染症対策〜無光触媒コーティング

抗菌コーティングのプロが施工

ご家庭、施設の除菌ならコーティングのプロにお任せください。

株式会社リープなら”即日対応”可能です。

オフィス、保育所、介護施設や飲食店など様々な施設でのコーティングをさせていただきます。

ウイルス除菌で安心・安全なオフィス環境、滞在環境を創造します。

こんな方は、今すぐご相談ください。宿泊施設や飲食店の営業再開に向けてお客様とスタッフが安心できる環境を整えたい。

オフィスの感染症対策といっても具体的に何をして良いか分からない。大型施設の除菌抗菌を頼みたい。

 

 

~ご提供の流れ~

サービス提供は簡単な5つのステップ

STEP1

まずはWEBかお電話でお問い合わせください。

STEP2

現地の下見/お見積もりをお出しさせていただきます。

STEP3

施工日のご調整

STEP4

抗菌コーティングの実施

STEP5

作業完了

 

作業完了後にはLP5施工済みのステッカーをご用意いたしておりますのでご希望がございましたら是非ご利用ください。

新型コロナの時代に胸を張れる安心環境を
世界最高水準の抗菌・抗ウイルス新チタンテクノロジーコーティング

無光触媒という新しい技術で安全で安心できる生活をお届けします。

 

現在、様々な種類の感染予防対策が行われています。アルコール消毒、次亜塩素酸水、光触媒、無光触媒などなど

アルコールや次亜塩素酸水での消毒作業は即効性はありますが、持続性があるものではありません。その都度、消毒する手間は否めません。

光触媒に関しては持続性があってウイルスの分解効果も発揮しますが、光の届かない場所では効果がありません。本当に必要なのは暗い場所のコーティングです。

そこで開発されたのが、無光触媒LP5です。従来の光触媒では施工できなかった暗い場所にも対応することができるようになりました。

製品の科学的な根拠、情報、安全データシートなどの詳細はこちらをご覧ください。

製品情報

 

無光触媒LP5についてのお問い合わせはこちらまで

お問い合わせ

暗所対応型・抗ウイルス新チタン・コーティング・テクノロジー

抗菌コーティング無光触媒LP5の施工をして安心、安全な環境創りを

エリアに関しましては随時拡大中です。詳細はご確認ください。

ただいま、全国で代理店を募集致しております!!

株式会社リープ

〒105-0013 東京都港区浜松町2-10-10
第2小林ビル3F

TEL 03-6809-2345 FAX 03-6809-2245

抗菌コーティングのご案内