プレスリリース

PRESS RELEASE

除菌・抗菌・殺菌・滅菌・消毒の違いとは

感染症の拡大にともない、「除菌」、「殺菌」、「抗菌」、「滅菌」や「消毒」の効果をうたう様々な製品を目にする機会が増えました。
それぞれの用語の違いを理解した上で感染防止策を行うことが大切です。

 

除菌・抗菌・殺菌・滅菌・消毒の違いとは

この表から菌やウイルスの感染予防には、「滅菌」が最も効果的であることが分かります。
手術器具などは、わずかでも菌やウイルスが付着していてはならないので、滅菌することで完全に微生物を殺滅しています。

 

未知のウイルスが世界中に拡大を続けています。
新型ウイルスとは、動物の種を超えて人に感染し、さらに人から人へ感染するように変化した新しいウイルスです。
グローバス化が進む現代社会は、そのような新型ウイルスが拡大しやすい状況と言われています。

新型コロナウイルス感染症の拡大が収まったとしても、いつ新しいウイルスが流行するかは予測がつきません。
私たちは、ウイルスと共存していかなければなりません。
そのような環境でウイルスに対抗する手法を一つでも多く知り、正しく対策することが重要です。

 

新型コロナウイルス感染症とは


新型コロナウイルス感染症とは、2019年12月に中国・武漢市で確認された新しい感染症です。

武漢市では、新型コロナウイルスが原因となる新型コロナウイルス感染症の肺炎患者が集団発生したことにより市の封鎖(ロックダウン)が行われました。その後、新型コロナウイルス感染症の感染が世界中に拡がり、パンデミックに至っています。

WHO(世界保健機関)は、この新型コロナウイルス感染症を「COVID-19(コヴィッド ナインティーン)」と命名。

COVID-19は「コロナ(Corona)」、「ウイルス(Virus)」、「病気(Disease)」という単語と、この病気がWHOに報告された「2019年」の組み合わせでできているとのこと。

短時間で肺炎が悪化して死に至る病態がSARS(重症急性呼吸器症候群)と類似していることから、SARSコロナウイルス(SARS-CoV)と近縁であるとし、病原ウイルスが「SARS-CoV-2」と命名されました。

 

感染症を予防する方法


感染症を予防するためには、ウイルスや細菌を体に入れないことが大変重要になります。そのためには、身の回りのウイルスや細菌を除菌消毒することが効果的です。

ウイルスや細菌は、環境に適応すれば長生きすることもあります。例えば、緑膿菌は最大16か月生存するという調査結果が出ています。緑膿菌は、水まわりなど生活環境中に広く常在します。健康な人には通常、病原性を示さない弱毒細菌の一つです。

しかし、感染に対する免疫力が低下した入院患者にとっては、術後感染症などの日和見感染症の起因菌として問題となっているという報告もあります。

身の回りのウイルスや細菌を定期的に除菌消毒し、クリーンな環境をつくることが感染症予防の第一歩ではないでしょうか。