プレスリリース

PRESS RELEASE

進化する光触媒

光触媒はもう過去のモノといっても過言ではありません。光を必要としない抗菌テクノロジーがあるのはご存じですか?

光触媒は光が必要ですが、光がなくても触媒機能を発揮するので無光触媒といわれています。無光触媒は水溶性の酸化チタンがリンと反応して活性化、接触する有機物を酸化分解あるいは不活性化します。
一度吹き付けて乾燥させるだけで施工面がコーティングされ、抗ウイルス・抗菌・防カビ・防汚・消臭など、様々な効果を長期的に得ることが可能です。また、無色なので施工面に色味の影響が出ることもありません。

当社が発行している施工証明書になります。施工して頂いたすべてのお客様にお渡ししています。

 

withコロナの衛生管理について

新型コロナウイルス感染が未だに収束しない中、不特定多数の人々が利用する施設・商業店舗では衛生管理が非常に重要となっています。
様々な人が触れる公共の施設やオフィス・施設のあらゆる場所・箇所をアルコール消毒液で完璧に拭き作業で除菌するのは労力、人為的に非常に難しく簡単ではありません。

施設の衛生管理・新型コロナウイルス対策に悩まれている施設管理者の方も多いのではないでしょうか?

新型コロナウイルスを不活化させる無光触媒コーティングを施工

新型コロナウイルスを細胞レベルで分解し不活化させる光触媒コの証明が大学などの信頼できる研究機関から発表されました。

光触媒とは、酸化チタンのことで、光を受けることで表面に強力な酸化作用が生まれる物質です。光触媒(酸化チタン)のコーティングを行うことで、表面に触れている物質に強力な酸化力が生まれることになります。

そして、今回の研究発表では、新型コロナウイルスが光触媒の接触した場合に、ウイルスが細胞レベルまで分解されて不活化することが証明(エビデンス)されたのです。

コロナ対策として、さまざまが除菌材が注目されてきました。無光触媒コーティングは、接触したウイルスを繁殖させないのではなく、そもそも不活化してしまうという画期的なコーティング剤といえます。

 

無光触媒コーティングLP5

株式会社‘リープでは、無光触媒コーティングの施工を実施しています。

無光触媒コーティングを施すことで、付着している菌やウイルスを大幅に減らすことが可能となりました。コロナウイルスのワクチン接種が始まったからといって菌が消えるわけではありません。抗菌コーティングをしておけば脅威は格段に減るでしょう。

昔の時代に手洗い、うがいの習慣があれば様々な病気の蔓延は回避できたといわれています。それだけ意識を持つことが大切です。

お問い合わせ

株式会社リープ

〒105-0013 東京都港区浜松町2-10-10 第2小林ビル3F

TEL 03-6809-2345 FAX 03-6809-2245